デンマークの白夜

北欧の夏といえば、太陽が一日沈まないという「白夜」のイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

日本では絶対に体験することがない分、白夜には北欧の神秘のようなものを感じますよね。

ですが、北欧に位置するデンマークでも一日中太陽が沈まないという白夜は一年を通しても滅多にないんだそう。

でも白夜にはならないにしろ、夜は10時ごろまで明るいし、日付を越えて午前2時ごろにはすでにうっすら明るくなってくるそうです。

やはり想像するとデンマークの陽の長さも不思議な気持ちになりますね。

ちなみに冬は逆に陽が短く、朝は8時45分ごろに陽が昇り、正午を越えた夕方(夜?)の3時45分ごろには陽が沈むそうです。

1日が長すぎたり、短すぎたり・・・日本人には苦労しそうですねσ(^_^;)