仕事帰りにキンキンに冷えたビールで乾杯!今日もお疲れさまでした!

と、私たちが昔から口癖のように使ってきたこの言葉。

でも海外では逆に、ビールを冷やすのはご法度というところがあります。こと、ビールの本場ヨーロッパを中心に。

「冷えてないビール?まずいに決まってるよ」

そんな声が聞こえてきそうですね。

ビールには主に2つの種類があります。エールビールとラガービールです。

この2つは作り方(発酵のさせ方)の違いがあって、味も大きく異なります。

 

ラガービールはスッキリしていて、ごくごく飲めるタイプです。

エールビールは濃い味わいで苦みが強いタイプのビールです。

 

日本のビールは前者のラガータイプがほとんどで、日本で作られるビールの99%がこのラガータイプと言われています。

だから、日本人はビール=ラガービールのことだと思っている人が多いんですね。

「ビール=のど越しを楽しむもの」と思われているのもこのためです。

ですが、ビールは味をじっくり楽しむもの、という

日本とは違うタイプのビールが飲まれている地域がたくさんあります。

日本で飲まれているビールのタイプはほぼ1種類で、世界にはそれとは異なるタイプがなんと、100種類以上あります!!

これだけビールの種類があるのに、日本人はそのうちのほぼ1種類しか飲んでいないなんて、

なんか、もったいないですよね!?

 

日本で主流のラガービールは冷やして飲むのがおいしいですが、

ヨーロッパ圏で盛んなエールビールは、冷やしすぎず、味をしっかりあじわうのがおいしい飲み方です。

冷やすとせっかくの芳醇なエールビールの味がわからなくなってしまうので、

日本より常温に近い温度で提供されます。

(冷やしすぎると怒られる、なんてこともあります)

さて、そのヨーロッパ圏であるデンマークでは、ビールの本場であるドイツがお隣ということもあって、

ビール大国と言われるほどビールが広く飲まれています。

では、デンマークではどんなビールが飲まれているのでしょう?

 

デンマークのビールのお話はまた次回のコラムで☆