「Bluetooth」

現代の暮らしでよく聞く名前ですね。

スピーカーやスマートホンなどで、皆さんもよくお世話になっているじゃないでしょうか?

実はこの、Bluetoothという名前の由来がデンマークが大きく関係しているのはご存じでしたか?

「Bluetooth」、直訳すると「青い歯」。

よく考えると不思議な名前ですよね?

由来はデンマークの国王

実はこれは10世紀にデンマーク国王に即位していたハーラル・ブロタン(Harald Blåtand)に由来しています。

ハーラル国王は当時、ノルウェーとデンマークを交渉により統一した人物です。

そして異なる種族間を無血で統合させたという偉大な王様です。

 ハーラル・ブロタン(青歯王)

この「統合させた」というところがポイントです。

Bluetoothを開発したスウェーデンのメーカーが、

開発当時、ブルートゥースのような無線通信の規格が乱立し、混沌としていた状態の中で、

「異なる種族間の無血統合を実現させたブロタン王のように、多数存在する無線通信規格を統一したい」

という想いから名付けたのがBlootoothなのです。

 

Bluetoothはブロタン(Blåtand)を英語に音訳したもので、英語の直訳では「青い歯」です。

が、本来の古デンマーク語ではブロ(Blå)は「浅黒い肌」、タンは「英雄」という意味で、

ブロタンは「浅黒い肌の英雄」という意味なのです。

 

ブルートゥースのロゴもHarald Blåtandのイニシャル、「H」と「B」を組み合わせて作られたものです。

いまや身近になったBluetoothとデンマークの意外な関係はいかがでしたでしょうか?

Bluetoothの名前にデンマークの英雄のストーリーが隠されていたのですね。